センターの紹介

ピアサポートセンターについて

高知ひきこもりピアサポートセンターは、
KHJ全国ひきこもり家族会連合会高知支部やいろ鳥の会が高知県から委託を受けて運営しています。

センターの概要

目的

ひきこもりのご本人及びそのご家族の「相談窓口」として支援を実施します。

方針

一方的な支援の押し付けをしない。相談者に寄り添った伴走型支援を行います。
ピアサポーターの持つ個性を生かしながら様々な要望に対応いたします。

特徴

相談支援・訪問支援ともに利用者は無料でサービスを受けられます。
ひきこもり経験者でKHJ全国ひきこもり家族会連合会認定のひきこもりピアサポーターが支援を行います。
ひきこもり経験者が支援することで、専門家が埋められない領域をカバーすることができます。
ピアサポーター自身も「ひきこもり経験」を支援に活かすことができ、社会的役割を担えると考えています。

ピアサポートセンターとは

ピアサポートとは、同じ問題や境遇を経験した者同士による対等な関係性において生じる、その経験をもとにした支え合いの相互行為。ピア(peer)とは、ラテン語のpar(等しい)に由来し、仲間、同輩という意味があります。サポート(support)とは、支える、支持するという意味です。

ピアサポーターとは、ピアサポート活動を主体として担う人を指します。ひきこもり問題に限らず、同じ学校のピア、同じ職場のピア、同じサークルのピアなど、仲間の共通項は多様です。ピアサポートという言葉は幅広く使用され、その活動は多岐にわたり、専門家だけではカバーしきれない領域で様々な取組が行われています。

当センターでは、KHJ全国ひきこもり家族会連合会が行っている認定研修を受講した「ひきこもりピアサポーター」が相談業務にあたります。
経験者だからこそ、ご本人やご家族に寄り添える。他の人にはなかなか言えないことも相談できる、そんな場づくりに注力しています。
また、今後「ひきこもりピアサポーター」の人材育成も強化していく予定です。

関連機関

当センターでは以下のように様々な関係機関と連携しながら取り組みを進めていきます。

KHJ全国ひきこもり家族会連合会

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3丁目16-12-301
TEL 03-5944-5250

高知県立精神保健福祉センター

〒780-0850 高知市丸ノ内2丁目4-1
TEL 088-821-4966

高知県ひきこもり地域支援センター

〒780-0850 高知市丸ノ内2丁目4-1
TEL 088-821-4508

こうち若者サポートステーション

〒780-8567 高知市朝倉戊375-1 県立ふくし交流プラザ内
TEL 088-844-3411

高知市社会福祉協議会

〒780-0850 高知市丸の内1丁目7-45 総合あんしんセンター3F
TEL 088-823-9515

センター所在地

高知ひきこもり
ピアサポート
センター

〒780-0926 高知県高知市大膳町1-41

088-881-6301
080-2992-9590

開所日:月、水、木、金、土 (但し、祝日及び12/29-1/3を除く)
受付時間:9:00-17:00

幡多サテライト

〒787-0783 高知県宿毛市平田町戶内2121

080-8632-9520

開所日:火、木、土、日 (但し、祝日及び12/29-1/3を除く)
受付時間:13:00-17:00

  • 幡多サテライトの受付時間外にご相談されたい方は、上記高知ひきこもりピアサポートセンターにまずは電話又はメールでご相談ください。
    内容をお伺いした上で幡多サテライトにおつなぎします。